製品・サービス

SARS-CoV-2 PCR測定受託サービス(研究用)

従業員に感染者 が出てしまい、他の従業員の感染が心配な方

● お客様との接触の多い部門の 従業員の健康 を考えて

不安を覚える お客様やお取引企業様がいらっしゃる場合

特長①:安心の検査結果

研究開発センター

国内の衛生検査所登録済みの弊社ラボにて測定

神戸市医療産業都市内に2020年6月に構築した全国初の官民連携による新型コロナウイルス感染症のPCR検査ラボラトリーをベースに、検査数の拡大と機能を拡充させた同市内の新拠点にて2021年5月17日より運用を開始。2022年12月に衛生検査所の登録をしています。検体測定では川崎重工業株式会社様、株式会社メディカロイド様と共同開発した自動 PCR 検査ロボットシステムを採用しています。
衛生検査所登録番号:神医第21D-005号、登録年月日:令和3年12月23日

測定結果の正確性を保証するための精度管理の徹底

弊社では新型コロナウイルスの測定結果が正しいかどうかを数検体ごとに確認することで、他の検体からの持ち込みによる陽性判定や、使用する試薬が原因で正しい結果とならいないことを防ぐ ”精度管理” に努めています。また、厚生労働省の取組みである第三者による「新型コロナウイルス感染症のPCR検査等にかかる精度管理調査業務」にも積極的に参加しています。

厚生労働省より承認を受けた試薬にて測定

本サービスには厚生労働省の認可を受けた新型コロナウイルスPCR検査に特化した専用試薬を使用しています。国内のPCR検査のスタンダードである国立感染症研究所が開発した評価方法で採用された技術を採用しており、変異種(アルファ型、ベータ型、ガンマ株、デルタ株、オミクロン株)の影響は理論上無いことを確認しております(2021年12月時点)。
体外診断用医薬品製造販売承認番号:30300EZX00036000

行政機関を中心とした豊富な実績

弊社による受託測定は2020年から主に行政検査の受託により実績を積み重ねてまいりました。
サービスを開始して以降、蓄えられたノウハウや実績をベースにまずは法人・団体様向けの受託検査サービスをご提供いたします。
 

特長②:簡単な検体採取

専用綿棒による唾液採取

唾液採取用の専用綿棒を使用いただくことで、小さなお子様や高齢者でも、口に含んでいただくだけで必要量の検体を簡単に採取することができます。
一般医療機器製造販売届出番号:21B2X10012000044

痛みの伴わない唾液検体の採取方法

  今までの検体採取はスワブ(柄の長い綿棒状のもの)を用い、鼻腔拭い液を採取するもので多少の痛みを伴うものでしたが、弊社の採用しているPCR検査は唾液サンプルを検査しますので、どなたでも簡単に採取が可能です。

また、厚生労働科学研究においても鼻咽頭ぬぐい液とほぼ同じ精度で検査が可能という事が実証されており、安心してご利用いただけます。

唾液採取用の綿棒をご用意しておりまして、簡単に唾液を採取いただけます。


厚生労働省のWEBサイトへ

お問い合わせ

下記「お問合せフォーム」内 「その他のお問い合わせ」を選択頂き、お問い合わせをお願いいたします。