製品・サービス

研究用遺伝子測定装置

LW-100

LW-100 とは?

FFPEサンプルから抽出したDNA中の遺伝子変異の検出を行う研究用遺伝子測定装置です。遺伝子測定の標準化、迅速化に貢献します。

特長

遺伝子測定をより簡便に、より正確に、より高感度に

簡便化
  • 測定開始までの前準備に要する作業時間は約2分。
  • カートリッジにFFPEサンプルを入れて、装置内にセットするのみ。
  • 標本のパラフィン溶解から核酸抽出および精製、遺伝子増幅、測定結果表示までの全工程を自動化。 
データの信頼性
  • 検出チップに必要な試薬が固相化されており、調製ミスを排除。コンタミネーションリスクを低減。 
  • インターナルコントロールの測定により、サンプルの品質確認が可能。
高感度アッセイ
  • BNAクランプPCR法*では、変異のある遺伝子だけを選択的に増幅できるため、バックグラウンドノイズが抑えられ、高感度な変異検出が可能。
*BNAクランプPCR法
BNA は人工的に作られた DNA と類似の構造を持つ化合物で、相補的な核酸と強く結合し、安定な二重鎖を形成します。このような BNA の性質を利用し、検出対象以外の遺伝子に結合(クランプ)し増幅を抑制します。変異検出において、通常の PCR では、変異のない遺伝子によるバックグラウンドノイズが要因となり感度が低下しますが、BNA クランプ PCR では、変異のある遺伝子だけを選択的に増幅できるため、バックグラウンドノイズが抑えられ、高感度に検出することが可能となります。
BNAクランプPCR法

関連資料

研究用遺伝子測定装置 LW-100

お問い合わせ

シスメックス株式会社 LS事業本部 LS営業部
Tel:03-5434-8569(東京) 078-992-7221(神戸)
受付時間:9:30〜17:00(土曜日、日曜日、祝日、年末年始のほか、弊社休業日は除く)